成功したかを見極める方法

72時間以内にアフターピルを飲むことができれば、とりあえずは避妊に成功したといえます。
ひとまず安心はできますが、次の生理が来るまではなんだか不安も残りますよね。
でも、避妊に成功したかということを自分の目で確かめる方法があります。
それはアフターピルを飲んだ後に、早くて3日、遅くても3週間ほどで生理と同じような出血がでれば避妊ができた証拠です。
避妊をせずに性行為をして受精してしまったら、7日間で子宮内膜に着床します。
その状態を妊娠と呼ぶのですが、アフターピルはその状態から子宮内膜を強制的にはがし、着床を防いでくれます。
つまり女性なら月に一度訪れる生理と同じような働きをしてくれるのです。
これを消退出血といって、時間差はあってもアフターピルを使った人全員に起こるので、これが起これば成功なので安心することができます。
しかし、出血があっても妊娠による着床出血という可能性があるので注意が必要です。
この場合は血は少ししか出ませんし、血の色も赤色ではなく茶色なので、消退出血かどうかは見分けやすいと思います。
もし3週間たっても出血が見られない時は、妊娠の可能性が考えられます。
ちゃんと飲んだのに何故?と思いますが、アフターピルは100%避妊できるというものではありません。
出血をしない、またはごく少量しか出ないという場合は、市販の妊娠検査薬で一度検査をしてみて下さい。
とはいっても、アフターピルを飲んだら避妊に成功していることが多いので安心して消退出血を待ちましょう。