アフターピルの種類

アフターピルには「ヤッペ法」、「ノルレボ錠」という2つの種類があります。
それってどんな違いがあるの?と疑問に思う人のために詳しくご紹介していきましょう。
まず「ヤッペ法」ですが、こちらは中用量ピルを2回ずつ服用する方法です。
ここで中用量ピルとして使われるのはプラバノール錠という薬です。
プラバノール錠は元々緊急避妊をするために作られたわけではないので、
エチニルエストラジールやノルゲストレルといった女性ホルモンが多く含まれています。
その影響から強い吐き気がでることがあるため、最近ではほとんど使われることはなくなりました。
使用方法は、72時間以内に2錠飲み、さらに12時間後に2錠飲みます。
初めの2錠は大丈夫でも、次に12時間後に飲むということを忘れないようにしなければなりません。
費用は場所によって変わりますが、5,000円~7,000円ほどです。
次に、「ノルレボ錠」のご紹介をします。クリニックなどを受診すると、オススメされるのはこちらのタイプです。
何故かといえば、先ほどご紹介した「ヤッペ法」と比べて吐き気もほぼでることがないからです。
使用方法は、72時間以内に2錠飲むだけでOKです。飲むのは一度だけなので、飲み忘れることはなく安心ですね。
費用は3,000円~15,000円ほどで、「ヤッペ法」よりは少し高くなるようですが、
副作用がほぼ起こらないというのは大きいのではないでしょうか。
どちらか選ぶとすれば飲み忘れる心配や体への負担が少ない、「ノルレボ錠」をオススメします。